採用情報

Recruit
採用情報SUPERO
  • Home
  • >
  • 社員紹介[ 佐藤 鉄平 ]

社員紹介

Message from the senior
製造部 生産技術課
枠にとらわれない新しい発想で
自身を常に成長させる
製造部 生産技術課 係長
佐藤 鉄平
2006年入社
佐藤 鉄平
【私たちの仕事内容】

 現在、私は製造部生産技術課に所属しており、私の主業務は、製造過程での生産性向上対策の立案、推進です。具体的には製造上の工程阻害要因を調査・分析し、作業時間の短縮や新規設備導入の計画など小さな改善から大きな改善まで幅広く手掛け、製造現場を主体とした生産性向上を図っています。そのため、製造に使用する工具や機械等の最新情報には常に気を配り情報収集をしなければなりません。また、収集した情報をもとに、新しい製造方法や新製品をテストする事も多い為、驚きと発見の多い業務です。
 私は昔から『ものづくり』に対し興味を持っていたため、今の仕事には大変やりがいを感じています。特に、私が取組んだ対策が評価された時や自分で設計した治具や選定した工具が採用され、生産性の向上に寄与出来た時は自分に対し自信が持てます。特に、治具製作時や加工方法改善を立案する時は、発想力を問われるため、良案が出ず考え込む事もありますが、その分、達成出来た時の充実感も大きく、日々楽しく、前向きに仕事をする様に心掛けています。
 また、社内には改善提案の制度が設けられており、より改善効果の高い活動に対し半期に一度表彰と報酬があり、私的には半期に一度授与される事を楽しみの一つとしており、毎回獲得する事を目標とし業務に励んでいます。その改善提案活動を通じて、他の人の改善案を参考にする事も多く、一人では解決できなかった事が解決に繋がる事もあります。
 私の仕事は、その様な『ものづくり』に対する知識や経験を十分に活用出来る仕事であると同時に、常に生産性向上に対する意識や情熱をもつ事が求められる仕事です。当社でも近年は積極的な設備導入を行い、5軸制御加工機やミーリング機能付きNC旋盤などの最新鋭加工機を設置しましたが、詳細な導入検討から実運用までの新規設備導入計画にも携わる事も出来ました。更にそれらの設備の有効活用を目的に、最新の加工技術の採用や、従来に無い加工プログラミング方法で加工を行った結果、加工時間が大幅に短縮され、私自身も今までの常識を覆すような加工方法が習得できた事は大きな収穫となりました。また、その取組み内容や経験をもとに、他の機械にも反映させながら、更なる生産性向上の実現に向けて日々頑張っています。
 最後に、私自身『ものづくり』に関する知識はまだまだ未熟であり、勉強不足が否めませんが、今の環境をフルに活かし、今後、会社が必要とする人材になるために努力を積み重ねていきたいです。

佐藤 鉄平佐藤 鉄平
【共に働きたい人物像】

 私自身、現在の職場に異動し2年あまりですので自職場に求められる人材については分からない部分も多いですが、私が考える生産技術課に求められる人材像は、様々な事に興味を持てる人だと思います。理由は、私生活でも仕事でも「あれは何だろう?」「これはどういうことだろう?」と普段から好奇心や疑問を持つことが、『考える力』や『知識を取り込む力』に繋がります。すると、様々な情報を吸収しようとする探究心が生まれ、同じ仕事に取組んでも吸収する知識や情報量が違ってきます。これは、どのジャンルでも必要なことだと思います。
 また、生産技術課では治具製作や効率的な生産方法について検討する仕事や、今までに無い新規の取組みをする事も多くあります。その時に必要とされる力は、経験と発想力です。経験は実務を重ねる事で身に付けることが出来ますが、発想力については経験から得る事もありますが、一方でその経験が邪魔をしてしまい、アイデアが偏ってしまう事も多々あります。今までに無い新しいアイデアを生み出す原動力は、これまでの常識に捉われない柔軟な考え方を持つことです。多少、型破りでも枠に囚われない面白い発想を持った「アイデアマン」が、これからの企業にはますます必要になってくると思います。
 私も日々、この様な人材を目標に、様々なことに興味を持ち、自分を成長させる様に心がけています。