採用情報

Recruit
採用情報SUPERO
  • Home
  • >
  • 社員紹介[ 矢野 正昭 ]

社員紹介

Message from the senior
テクニカルサービス部
お客様の信頼や満足度に影響する
責任ある仕事
TS部 TS技術課 課長
矢野 正昭
1983年入社
矢野 正昭
【私たちの仕事内容】

 テクニカルサービス部に所属するTS技術課は、一般的なメンテナンスをはじめ補修や改造工事などの手順や判定基準を明確にした要領書の作成、運転中やメンテナンスで発見された様々な不具合事象の原因や処置方法などについてお客様にご報告するための技術的な検討などを行っています。これらの検討結果は、文書としてお客様に提出しますので、当社の品質管理や技術力を評価されるものとなりますし、運転中あるいはメンテナンスで発見された不具合の対応にあたっても、その対応力を評価されることになります。
 また、メンテナンスの作業効率や品質・安全面の向上を目的とした専用工具や機器の設計検討、経験のない補修や改造工事の実施に向けてのシミュレーションによる検証なども業務の一環として行っています。
 その他、当課は他部門とテクニカルサービス部の架け橋的な役割をもっているため製造部門、技術部門、品質部門からの指示事項を現場へ、あるいは現場からの情報や要望を社内へフィードバックして改善のための広報活動も業務の一つとなっています。
 このように、TS技術課が対応する業務の次工程はお客様と最前線のメンテナンス現場であり、その対応の在り方そのものが、現場の工程・品質・技術力に直接結び付いており、お客様からの信頼や満足度に影響するものとなっていますので、課員一同、当社を代表する意識をもって日々業務を行っています。

矢野 正昭矢野 正昭
【共に働きたい人物像】

 メンテナンス部門に所属していることから、主眼は現場に向き、デスクワークが主体と言えども各種検討を円滑に遂行するためには、やはり「物」と「現場」を良く理解してより多くの知識を持つ必要があります。
 求める人材としては、第一に現場が好きであることです。現場ではデスクワークでは判らない多くのことを学び、その学び得た知識や技術がメンテナンスの技術検討を行う上で大変役に立ちます。また、必要とならば現場作業の一員としてメンテナンスを行うことも必要です。
 2つ目として、自ら知識や技術を高めようとするために積極的になれることです。積極性は誰でも意識を変えれば身につけられます。上記にも関係しますが、自らがより多くの知識や技術を高めようとする意識を持つか否かで業務の質と量が変わります。
 少し欲張りかも知れませんが最後に3つ目として、何事にも柔軟性があることです。これは一つの例ですが、メンテナンス現場やお客様からの突発的な連絡の殆どが緊急性を有して困っている内容であり、解決が急がれるものばかりです。急遽、業務に割り込ませて、段取りを変えその短納期対応の任務にあたる必要があり、柔軟かつ計画的に業務を行えることが大事です。