採用情報

Recruit
採用情報SUPERO
  • Home
  • >
  • 社員紹介[ 大庭  智 ]

社員紹介

Message from the senior
経営本部
モノづくりを進化させる仕組みづくり
“できたらいいな”をカタチにします
経営本部 主任
大庭  智
2001年入社
大庭  智
【私たちの仕事内容】

 私たちは、全社業務効率を抜本的に向上させ、創造的分野、人材不足分野へ投入するだけの余剰人員を創出すること、また、創出した余剰人員が効果を最大限に発揮できる知的集約環境を構築し、当社の更なる発展へと寄与することを目的とし、全社のビジネスプロセスの再構築(BPR:Business Process Re-engineering)を中核的な役割、言わばコンサルタントのような立場で実施しています。具体的には、まず全社の業務を知ることから始まります。各種業務に携わる社内ユーザの懐に深く入り込んで見聞きした情報を自身の経験や知識と統合し、業務の流れの「可視化」を実施します。次に、ここで見えてくる問題点、隠れた課題を解決するための新たな業務の流れ「ビジネスプロセス」をこれまでの慣習・常識にとらわれることなく描き出します。そして、この理想を実現する情報システムの基本設計や最新ITツールの導入検討を実施しながら、必要なコンテンツ(各種データやノウハウ)を他部門から集め、体系化・具現化するといった業務を行うことで、新たなビジネスプロセスの検証・構築を進めています。
 プロセスもデータも常にメンテナンスしておかなければ、すぐに陳腐化してしまいます。人に依存せず、常に高品質な仕事を成すためには、時代や環境の変化に応じた、また先を見据えたプロセスを創造し続けなくてはなりません。ですから、この仕事に決して終わりはありません。長年培ったプロセスを変え、刷新していかなければなりませんので、一筋縄でいくはずのない長く険しい道ですが、社内業務にゼロベースからメスを入れ、全てに精通できるとてもやりがいのある仕事です。

大庭  智大庭  智
【共に働きたい人物像】

 私たちが共に働きたいと考えるのは、「コミュニケーションスキル」、「改革意識」、「柔軟性」が高い人材です。
 私たちの業務には、「コミュニケーションスキル」を欠かすことができません。新業務プロセスは、社内ユーザが抱える多種多様な課題・問題点や要望を聞き出し、業務を理解し、今後の経営方針を照らし合わせた上で再構築する必要があり、そのためには自発的・発展的なコミュニケーションが取れることが重要です。
 次に「改革意識」です。誰かが希望するプロセスまたは一般的なプロセスを、そのとおりに作るのでは業務改革は起こせません。良い意味での頑固さを備えた改革意識の下、全社を巻き込みよりよい業務プロセスを構築するために検討を重ね、ユーザ満足度および更なる利益の向上を目指す必要があります。
 最後に「柔軟性」です。先に「よい意味での頑固さ」と書きましたが、意志をしっかり持った上での柔軟性・応用力が問われる職場です。流されるのではなく、しっかり結論を見据えて柔軟に対応しなければ私たちの目的は果たせません。
 最新ITの導入も積極的に行いますので、ITに関する技術・知識はもちろん不要ではありませんが、それらは後から身につけることができます。人間に関心があり、ビジネスに関心があり、広い視野を持って会社に役立ちたいという思いのある人を私たちは待っています。